膝に感じる痛みは大問題|変形性膝関節症の治療をしよう

軟骨成分を摂取して予防

お年寄り

軟骨に厚みや弾力があれば、骨が衝撃から守られて、変形性膝関節症を発症しにくくなります。そしてそのために飲まれているのが、グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントです。骨が衝撃を受け続けると、変形性膝関節症が進行して歩行が困難になるので、そうなる前に飲む習慣をつけることが大事です。

More Detail

膝関節を大切にする生活

サプリメント

注意する点

変形性膝関節症で生じる症状は大きく分けて、3種類あります。まず一つ目は、膝を動かしたときにひざに痛みを感じる時です。座ってから立ち上がった瞬間や、歩いているとき、階段の上り下りなど膝に体重をかけた時に生じます。続いて二つ目は膝を伸ばしたり曲げたりした時に生じる痛みです。正座をするときや屈伸運動が極端にやりずらくなります。その次は、三つ目は、様々な要因によって関節液が過剰に作られてしまい、膝関節に過剰に貯蓄されてしまいます。余り貯めすぎてしまうと、軟骨の栄養だけでなく変形性膝関節症自体が治りにくくなるため、ひどくなる前に関節液を抜く必要があります。変形性膝関節症では、安静にしている時や夜間にひどい痛みが生じないため、これらの痛みが生じた場合は他の病気を疑って病院に行くことをおススメします。

生活の中での注意点

変形性膝関節症では、日常生活の中での膝関節の負担を極力かけないようにすることが改善の第一歩です。座るときは正座の体制をしないようにして、なるべく椅子に腰かけるようにするべきです。また、最近では正座用の補助器具もあるので、どうしても正座を避けられないと起用に用意していくことが大切です。階段を使うときは手すりを使うと、だいぶ膝の負担や痛みを軽くすることができます。トイレをするときは、極力膝に負担がかかる和式トイレではなく洋式トイレを使うことをおススメします。また、ひざに負担をかけないように安静にしすぎる事は、かえって膝に良いことではないので、無理がない程度にストレッチやウォーキングをすることが重要です。

摂取すべき栄養成分

老人

高齢者の変形性膝関節症は、タンパク質を十分に摂取して筋力を向上させることが必要です。またビタミンDは、筋肉中のタンパク質合成を促進する効果があります。そのためビタミンDのサプリメントを利用すると、効率的に摂取できます。以上のことから変形性膝関節症は、タンパク質とビタミンDを摂取することが大切です。

More Detail

40代から予防を始めよう

サプリメント

変形性膝関節症になる方が増えており、早めに予防することが重要です。軟骨がすり減ることが原因であるため、サプリメントでグルコサミンやコラーゲン、コンドロイチンを摂取するようにしましょう。40代からサプリメントでこれらの成分を摂取することで、変形性膝関節症の発症リスクを大きく下げることができます。

More Detail