膝に感じる痛みは大問題|変形性膝関節症の治療をしよう

40代から予防を始めよう

サプリメント

発症メカニズムを知ろう

変形性膝関節症になる方が増加しています。背景には高齢者の増加があり、今後はさらに変形性膝関節症に悩む方が増えると予想されています。変形性膝関節症になると普段の生活の中で関節痛を常に感じるようになるほか、安静にしていても非常に痛みを感じてしまうようになります。そうならないためには、変形性膝関節症になる前から予防することが重要です。予防するためには、まず変形性膝関節症の発症メカニズムを知る必要があります。変形性膝関節症は、関節を覆う軟骨がすり減ることにより発症します。クッションの役目を果たしている軟骨がすり減ることで、関節同士がぶつかり合い始めるのです。関節にかかる衝撃が痛みの原因となり、さらに衝撃により水ぶくれや炎症を引き起こします。

発症する前に予防を

軟骨がすり減ることで発症する変形性膝関節症は、何より軟骨のすり減りを抑制することが重要です。軟骨の主成分であるグルコサミンやコラーゲン、コンドロイチンをサプリメントで摂取することで、軟骨のすり減りを抑制することができます。変形性膝関節症は女性に発症しやすいほか、50代以上で発症リスクが高まります。また、体重の重い方やO脚の方も、発症リスクが高い傾向があります。これらに該当する方は、40代の頃からグルコサミンやコラーゲン、コンドロイチンをサプリメントで摂取するようにしましょう。変形性膝関節症は初期状態だと、自覚症状がほとんどありません。しかし、症状の進行が早いため、発症する前に予防することが重要です。